プロテインとHMBは全く別物!効果の違いや比較をしてみた

プロテインとHMBの違い

「筋肉をつけて理想のボディに」

こんな思いを抱えはじめた人が気になることの一つ。それが「プロテインやHMBの使用」ではないでしょうか。

  • 効率よく筋トレがしたい
  • 後悔したくないから最初から効果的なものを

などと考えていても、今では数多くの筋肉増強商品があるため一体どれがいいのか、何を購入するのが一番の近道なのか分からなくなることでしょう。

今回はそのような方々の疑問を解決すべく、プロテインとHMBについて詳しくお話していこうと思います。

  1. プロテインとHMBの違いって?
  2. プロテインとHMBの併用はOK?
  3. プロテインにHMBを混ぜても大丈夫?

という「クエスチョン」をお持ちの方はぜひご参考にしてみてください。

 

筋肉の発達メカニズムを知ると違いがわかりやすくなる

筋肉の発達メカニズム

早速、プロテインとHMBの違いについて語りたいところですが、違いを知るにはまず「筋肉の発達の仕組み」を押さえておくべきです。

  • 筋肉はどのように発達するのか
  • 筋肉が強く太くなる過程

といった、筋肉が出来上がるまでの道筋をしっかり学んでおけば、この後に説明する内容がスッと頭に入ってくるようになります。

 

筋肉が発達する仕組み

知っているようで知らないことの一つが筋肉の発達メカニズムです。

  • スタイルを良くしたいから
  • スポーツで結果を出すために
  • ムキムキの方がカッコいいから
  • 医者に筋肉量が少ないと診断されたから

などの理由で筋トレを行う人・行なっている人は特に知っておいたほうが良いでしょう。

さて、「筋肉を発達させるためには筋トレ」とよく言いますが、皆がよくつかう「筋トレ」とは、ダンベルをあげる・腕立て伏せ・腹筋などの筋肉に負荷をかけるトレーニングのことかと思います。

しかし、ただ筋トレをしているだけでは筋肉はつきません。

筋肉は、

  1. 筋肉に負荷をかける
  2. 筋肉の筋繊維が破壊
  3. 破壊された筋繊維にタンパク質が供給される
  4. 筋繊維が回復する
  5. 筋肉が発達する

という5つの過程をなんども繰り返すことで、徐々に大きく強くたくましくなります。

つまり、筋繊維の破壊と修復を効率よくなんども繰り返すことが重要ということです。

 

プロテインとHMBについて

プロテインとHMB

それではプロテインとHMBの違いを…といきたいところですが、そもそも「プロテイン」と「HMB」すら余り理解していないという方がほとんどかと思います。(筆者もそうでした)

 

 

プロテイン

引用:Smartlog

では早速いきますが、プロテインとは上画像のような粉末を水・牛乳・豆乳などに混ぜて飲む筋肉増強飲料のことで、国内では筋トレのお供として一番認知度の高いものです。

また、プロテインを日本語であらわすと「たんぱく質」という意味になるように、プロテインにはタンパク質が豊富に含まれているため、破壊された筋肉の修復時に必要なタンパク質を効率よく摂取することができます。

HMB

引用:ビルドマッスルHMBは嘘なのか

一方HMBとは、ロイシンの代謝物質のひとつであり、たんぱく質合成促進・タンパク質分解の抑制・筋鞘安定化といった効果があります。

普通の食事からHMBを摂取しようとすれば大量の食事が必要になるため、HMBサプリなどのサプリメントから摂取するのが一般的です。

 

プロテインとHMBの違い

プロテインとHMBの違い

プロテインとHMBが一体どんなものなのかを簡単に説明したところで、次は違いについてです。

まずはプロテインから。

プロテイン

  1. 目的 : 筋繊維修復の補助サポート
  2. 効果 : タンパク質を効率的に供給できる
  3. 状態 : 粉末
  4. 摂取方法 : 粉末を水・牛乳・豆乳などと混ぜて飲む

次はHMB

HMB

  1. 目的 : 筋肉発達のスピードをアップさせる
  2. 効果 : 筋肉分解の抑制・筋肉合成の促進…
  3. 状態 : サプリメント(粉末タイプもある)
  4. 摂取方法 : 決められたサプリメント数を水と一緒に飲むだけ

 

これらを見比べると、プロテインはタンパク質の塊であるため筋肉の補修に最適。なので筋肉の回復に必要な材料がプロテインといえます。一方、HMBには筋肉を補修する効果はありません。HMBの効果は筋肉の分解を抑制し合成を施すことであるため、筋肉の発達に効果的です。

こう見て見ると違いは一目瞭然でしょう。

プロテインは筋肉をつくるための材料、HMBは筋肉の発達スピードアップですので、役割がそもそも違うということになります。

そしてプロテインとHMBの決定的な違いは、「食事からの摂取が可能か」という部分。

プロテインのメイン栄養素が「タンパク質」なのに対し、HMBのメイン栄養素は「HMB」という成分です。タンパク質は魚・肉・卵などから簡単に摂取できますが、HMBという成分はロイシンからたったの5%しかつくられないため、普段の食事からの摂取が難しいといえます。

つまり、

  • タンパク質=普段の食事からでも十分に摂取できる
  • HMB=普段の食事からでは摂取が難しい

ということ。

なので、経済的に余裕がないよという方はタンパク質を普段の食事から摂取し、HMBをサプリメントといった具合に工夫して摂取するようにしましょう。

 

プロテインとHMBどっちが向いてる?

プロテインとHMB

こう見比べて見るとプロテインとHMBって別物ですよね。

効果・効能や配合成分、栄養素…。

しかし、それらがあまりにも違いすぎるため「一体どっちを選べばいいんだろう?」という疑問も出てくることでしょう。

この章では、

  1. プロテインが向いている人
  2. HMBが向いている人
  3. 両方とも使う

の3つに分けて解説していくので、気になる方はぜひご参考に。

 

プロテインが向いている人

プロテインが向いている人とは、

  • 食事が不規則
  • 食事からタンパク質を十分に摂取できていない
  • ウエイトアップを目指している
  • ゴリゴリマッチョ体型を目指している

などの方々。

特に厚みのあるゴリっとした体型を目指す方には絶対に必要です。

それと、日常の食事からタンパク質を十分に摂取できない人たちは必ずプロテインを摂取するように。(タンパク質が十分でないと筋トレをしても筋肉がつかないため)

また、プロテインは1杯で70〜120kcalほどのカロリーがあるとされているため、体重を落としたい方よりも筋肉をつけたい方向けの商品です。

 

HMBが向いている人

次にHMBが向いている人とは、

  • 効率的に体重を落としたい
  • 食事からタンパク質を摂取できている
  • 短期間で成果を出したい
  • カロリーが気になる

といった思いのある方々。

特に体重を落とすのような「ダイエット」が目的なのであれば、トレーニング×HMBの組み合わせをオススメします。

また、普段の食事からすでにタンパク質を十分に摂取できているのであれば、あえてプロテインを購入しないでHMBのみを購入しましょう。(理想はどちらとも使用すべき)

 

プロテインとHMBを併用するのはOK?

なんどもお伝えしますが、プロテインとHMBの違いはしっかり理解しておくようにしましょう。

  • プロテイン=筋肉の材料
  • HMB=筋肉発達スピードUP

さらにもっと掘り下げていえば、プロテインの主な栄養素はタンパク質なのに対し、HMBの主な栄養素はHMBやBCAAです。つまり、配合されている栄養素や成分自体が異なるため、併用しても特に問題がないどころか、併用した方がいいとされています。

筋肉を作るために必要なタンパク質という栄養素をプロテインから効率的に摂取し、筋肉発達スピードアップには欠かせないHMBやBCAAといった栄養素をHMBサプリなどから摂取する。

正直にいうと、これが一番の理想です。

なので、経済的に余裕のある方はプロテインとHMBサプリ両方とも購入し摂取しましょう。また、効率的に短期間で理想のボディをつくりあげたいという願望をお持ちの方も両方使用するように。

 

プロテインにHMBを混ぜるのは?

まずプロテインとHMBでは商品の状態が違います。

プロテインは粉末であるのに対し、HMBはサプリメント。なので自然と別々に飲むことになるため、混ぜるということにはならないでしょう。

ただ、摂取タイミングを同じにすることは可能のようです。

 

「食事からタンパク質を摂取してHMBサプリメントを飲む」がおすすめ!

おすすめ

先ほど、「プロテインとHMBサプリ両方使った方が効果的」とお話しましたが、これは日々トレーニングをしている人に限ります。

というのも、プロテインはタンパク質が豊富なためカロリーも高くなっています。つまり、余りトレーニングをしない人がプロテインを一生懸命飲むと逆に太ってしまうという可能性があるということです。

さらに、プロテインの主成分であるタンパク質は普段の食事から摂取できます

普段の食事をすこし調節すれば摂取できるものなのにお金を費やすほどバカなことはありません。(もちろんお手軽に簡単にといった理由があれば別ですが…)

そのため、筋肉をつくる材料となるタンパク質はなるべく食事から摂取し、普段の食事では摂取しづらいHMBをHMBサプリなどから摂取するようにしましょう。

「本当に必要なものにお金をかける」

これがもっとも賢い方法ではないでしょうか。

 

まとめ

プロテインとHMBの違い、ご理解いただけたでしょうか。

プロテイン

  1. 目的 : 筋肉をつくるための材料を補給する
  2. 効果 : タンパク質を効率的に供給できる
  3. 状態 : 粉末
  4. 摂取 : 普段の食事を調節すれば摂取可能
  5. 飲み方 : 粉末を水・牛乳・豆乳などと混ぜて飲む

HMB

  1. 目的 : 筋肉発達のスピードをアップさせる
  2. 効果 : 筋肉分解の抑制・筋肉合成の促進…
  3. 状態 : サプリメント(粉末タイプもある)
  4. 摂取 : 普段の食事からでは難しい
  5. 飲み方 : 決められたサプリメント数を水と一緒に飲むだけ

この違いをよく頭にいれ、自分にはどちらかが必要なのか、または両方必要なのかを考えましょう。

また、せっかくトレーニングをするのなら効果的な商品を使い、効率的に行いましょう。同じトレーニングをしていてもプロテインやHMBを使うか使わないかで「本格的にトレーニングを行う期間」がかなり変わってきます。

 

「美ボディは効率的にスピードよくつくりあげる」

 

それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です